2015年01月23日

バトンを頂きました(追記しました)



染井悠さんから、バトンを頂いておりました。
気づくの遅くてごめんなさい( TДT)

はるちゃん、回してくれて本当にありがとうハート

続きから回答しております。
物書きさんを問い詰めるバトン


1.小説を書く際、資料などは使いますか? 何を使いますか?

A.ありません……。
書いた後から必要になって調べて書きなおすことはあります。

2.プロットやフローなどは用意しますか? 用意するとしたら、どのように立てていますか?

A.最近ようやく書けるようになりましたが、
実はサイトやなろうさんの作品では、なしで作っています(;・∀・)
脳内でキャラを動かすのが一番楽で、時間もかからないんですね。
弱点としては、話が思わぬ方向に転んだり滑ったりします。

3.小説を、どこかに投稿したことはありますか?

A.過去に、某恋愛小説大賞や、
某サイトの恋愛小説の公募、etcあります。
小説ではないですが、昔コバルトに詩を投稿したこともあります。
もちろん、採用されませんでした(*´σー`)

4.あなたの小説が一番影響を受けている作家さんを一人挙げるとしたらどなただと思いますか?

A.昔は小説家の前田珠子さんでしたが、今はいろいろな方としか言えません。
漫画家さんからも影響受けておりますし。

5.あなたの書いた小説に今まで登場した中で一番好きな情景描写の言い回しを一つ、見せてください。
(ネタバレしそうな部分は伏字などで構いません)

A.やがて私は柔らかな光の中で目覚めた。
もう少しで目指していたあの場所に辿り着ける。
確信してまた翼を広げた。
下界を見ると青く透明な海が、どこまでも続いている。
雲の上は白く澄んでいて。

「ハルカ」
 
A.東の草原を歩く。
 春を迎え、可愛い野草がいっぱい咲いていた。
 塞がれたままの洞窟の前に座り込む。
 ずるずるとしゃがみ込んだ。
 ここはいつだって静かで賑やかだ。
 草の揺れる音、風のにおい。 
 空は高くて届かないけど、じっと見上げる。

「Forbidden Lover 第2話」

 ルシアは、登った先に白い光が差し込んでいるのを見て、立ち止った。
 光の方へ進んでいくと部屋があった。その奥に階段が見える。
 水槽なのだろうか。
 長方形に囲まれたレンガの中には清涼な水が、満ちていた。
 レンガの上に腰を下ろし、躊躇いもなく、水へと足を浸した。
 つま先をつけてみると、案外深かった。

「Eden 第19話」

 羽が舞い上がる。
 ふわり、温かな余韻を残したそれが、体からはがれて飛んでいってしまう。
 甘くて、切ない痛み。心の深い所に熱い炎が揺らぐ。
 手を開いて羽を掴もうとするも、するりと手のひらからこぼれる。
 瞼には滴が溜まっていて、頬を伝い落ちるのを待っていた。
 地に伏したままま、空を見上げる。

「Pleasure,Treasure」(Treasure3.雨音)

短編のFTと和風FT、R18長編FT、R18長編からのっけてみました。
情景描写ってこれでいいのかな?((;・∀・)

6.あなたの書いた小説に今まで登場した中で一番好きな心理描写の言い回しを一つ、見せてください。
(ネタバレしそうな部分は伏字などで構いません)

A.唇を触れ合うと温度の無さにゾクリと体が震える。
こんなに冷たいのは、きっとあなたの気持ちが分からないから。
見えなくてただ底知れぬ闇に引きずり込まれる。


A.甘い声が耳元でリフレインのように木霊(こだま)する。
嘘偽りのない本心に恐ろしささえ感じた。
聞きたくない。そんな言葉。どうか言わないで欲しい。
俺の心中の願いを彼女は悉(ことごと)く無碍(むげ)にする。

「フェイクキス」より男女のモノローグを載せてみました。
↓の「sinful relations」のスピンオフ的作品だったりします。

 内心、舌打ちしながら、壊れそうな体を抱きしめる。
 思わず歯軋りしてしまった。
 彼女が、俺を嫌うのもそれはそれでいい。
 いっそ嫌われた方が楽だ。
 彼女が突き放さない限り俺は、求め続けててしまう。
 本気になることはないだろうが。

sinful relations第二話番外編(彼視点)藤城青のモノローグ。

 絞り出すような声音で途切れ途切れに言った。
 こんなの偽りに過ぎなかった。
 好きになった苦しみから逃れたくて吐き出した気持ちだった。
 同じ血を分けて生まれたきょうだいなら、
 好きという感情を持つこともなかったんだ。

Pleasure,Treasure(Blure glass第三話)


7.あなたの書いた小説に今まで登場した中で、好きな台詞を三つ、見せてください。
A.
「来なければ帰ってくれと言わなかったか。律儀に待たずに
 帰ればそれで終わりにできたのに」
sinful relations14話「星明かり」より藤城青の台詞。

A.「罪な女」
「Eden 第11話」よりヒーローの黒魔術師クライヴの台詞。
気になった方は本編へ!

「菫子が、可愛くなかったことなんて一度もないで」

「Pleasure,Treasure」
Treasureの第一話の涼の台詞(話数的には8話目)

「覚悟しておいてください。手加減はできない」

「fall in down 激しい恋」よりドS甘々執事イアンの台詞

3つじゃないし((;・∀・)

8.あなたがこれから小説に書こうとしている台詞で、「今後の見所!」になりそうな意味深台詞を三つ、ここでコソッと教えてはいただけませんか?

A.ないです。
書くときにしか浮かばないので。

9.小説を聞く時に、音楽は聞きますか? 聞くとしたら、どんな音楽を聞きますか?

A.B'zやロック系のバンドの曲が多かったです。
某R18長編ではイメージソングもありました。

ワイルドアームズのAlone the worldというヴォーカル・アルバムや、
4のサントラ、テイルズオブレジェンディアのサントラもいいですね。
最近はネットでアニメをBGMにしたりも多いです。
ツイッターでおすすめいただいた曲も聞いております。

10.日々の生活で、「あのキャラならここはこうするだろう」「あのキャラならこれを選ぶだろう」といった妄想が展開されることはありますか?
A.ありません(;・∀・)
常に妄想で脳内はいっぱいかと思いきや意外に日々淡々と
懸命にもがいていたりので余裕はゼロなのです。

11.これから小説を書き始めようとしている方に、何かアドバイスがあればどうぞ。

A.私などにアドバイスなどおこがましいんですが、
自分以外の色々な作品に触れると刺激になると思います。
大好きな作品を読むと、滾ってパワーが湧いてきて、自分の活力につながります。
ジャンルを限らず視野を広げるのもいいのではないかと。
目の前が開けて新しい何かが見えてきます。


12.ありがとうございました。 もし良かったら五人くらいにパスしてはいただけませんでしょうか。
A.イツキさん
黒羽緋翠さん

よかったらよろしくお願い致します!

五人には渡せませんでしたが、気になった方はどうぞ拾っていってくださいまし。


posted by 雛瀬智美 at 07:00| Comment(0) | バトン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: