2018年06月24日

ご無沙汰しております。

また日にちが空いてしまったー!

お久しぶりです。
今更ながら、お知らせに上がりました。

ムーンライト様の方で、
瑠璃色の乙女は、愛執の檻に囚われる
〜暴君シークの甘い罠〜
という作品を投稿しています。
無謀ですがコンテストにも参加しました。
https://xmypage.syosetu.com/x3958f/

良かったら読んでみてください。
名前は、sinful relations
の青と沙矢から、もじったものでしたが、
キャラ等全く違うので知らない方も
ぜんぜんOKです!知ってる方も
別物ですので(笑)そこは笑いましょう。

ヒストリカル(アラビア風味)
を気取ってます。

他、Edenも地味にコンテストに参加しとります。
こちらも、サイトにない番外編たくさん
書いたので、よかったらどうぞ。

*******
プチプリンセスさんという投稿サイトで、
優秀賞をいただきました。
元の話を「チョコレート&シガレット」と改題し
お話追加で書き直しました。
系統違うのに可愛らしい作品のなか、
選んでいただいてとても嬉しかったです。

最優秀賞、おめでとうございます。
取られたのは、仲良くさせていただいている方で、
喜びを分けてもらった気分です。

お知らせでした!

また浮上したいです( * ̄ 3 ̄*)フッ

posted by 雛瀬智美 at 18:44| Comment(0) | サイトのこと > お知らせ

2017年11月09日

初の長編、作品としては8作目が出ましたー。

新作のお知らせ第二弾です〜。
連続投稿失礼します。

2017年10月27日に、初の長編を発売させていただきました。
なんと、カラーの挿絵が10枚もついております!

『子爵育ちの売られた令嬢』(トパーズノベルスさま)
イラスト:花綵いおり 様

***あらすじ***

子爵令嬢のクラウディア・アルペンハイムは
没落した子爵家の救済のためにバッハシュタイン伯爵家のメイドとなる。
そこで執事のエドウィン・バルツァーに心惹かれるも、
伯爵に一方的に想われてしまう。
ある夜、ついには伯爵に襲われてしまうが、
その窮地にエドウィンが現れ、助け出される。
「……お前をいとおしく思うから、救い出したんだ」
避難した彼の部屋で互いに想いを伝えあい結ばれた。
その後も伯爵に想われる中、二人は逢瀬を重ねていき……!

reijyou_convert_20171108212535.jpg

一応、ジャンル的にヒストリカルです。
かなり苦戦しましたが編集様のお陰で発売させていただくことができました。
挿絵、素晴らしすぎる。
そして、初めて後書きも書きましたよ!
10万文字という途方もない分量は私の精神力を根こそぎ奪いましたが、
書けて、編集様の手をお借りして作品として仕上がって
今は嬉しすぎてどうにかなりそうです。
よかったら、チェックしてください。
変態伯爵と、執事に奪い合われるヒロインです。

他作品もあわせて下記よりどうぞ。
電子書籍紹介ページ

花綵いおりさま、美麗な表紙と挿絵をありがとうございました。
執筆する上での励みになりました。
編集様、お手数ばかりおかけして申し訳ありません。
本当にありがとうございました。

posted by 雛瀬智美 at 21:00| Comment(0) | サイトのこと > お知らせ

夢中文庫様より五作目発売です!

ご無沙汰しております。
発売のお知らせが遅れてしいました。
夢中文庫様より五作目を2017年8月18日に発売させていただいております。

「不器用な先輩の甘すぎる愛情表現」
イラスト:不破希海 様

***あらすじ***

「……目覚めさせたのは香菜だよ。覚悟してね」
派遣社員だった香菜は働きながらも資格を取り、
ついに新しい会社で正社員へと転職したばかり! 
明るくて前向きなところが長所な香菜だったが新しい会社での新生活、
ゼロからの人間関係ではさすがに疲れ……。
そんな彼女をフォローしてくれたのが先輩の紺野択也。
決して器用な人じゃないけれども不思議と人を惹き付ける、
そんな彼に香菜も惹かれていき――? 
「今は恋愛感情なくてもいいんです」
彼と一緒にいたい。彼を知りたい――!
「紺野先輩が大好きです」
優しすぎてちょっと抜けている択也としっかりものだけれど
なにもかもが初めての香菜。初々しい二人のラブストーリー!



senpai_convert_20171108212304.jpg

強気な彼女とヘタレ気味な彼のお話です。
よかったらチェックしてみて下さいね。
三万文字程度の短編です。

他作品もあわせて下記よりどうぞ。
電子書籍紹介ページ


不破希海 さま、素敵な表紙をありがとうございました。
編集様も的確なご指導、アドバイスありがとうございます。
皆様のおかげで発売させていただくことができました。

既に読んでくださっているかたありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
posted by 雛瀬智美 at 19:00| Comment(0) | サイトのこと > お知らせ